×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


就職に有利な資格

就職が難しくなっている現在、何か資格を持っていた方がほかの人と差をつけやすくアピールポイントになります。

就職に有利になる資格は業種によっても異なりますが、多くの会社で就職に有利になる代表的な資格は以下の3つです。

・自動車免許

・TOEIC

・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

自動車免許は、就職する際に必須と言っても過言ではない資格です。

営業でも事務職でも、移動の際に車を使うことが多いので、自動車免許がないと困ることになります。

自動車学校に通う時間がない人は、最短2週間で免許を取得することができる合宿免許の利用がおすすめです。

TOEICは、ビジネスに必要な英語能力を調べるテストです。

現在はほとんどの会社で英語ができなければいけないとされているので、TOEICでいいスコアを出すことが就職を有利にする条件となります。

英検とは違い、合格不合格ではなく、自分の能力がスコアとして如実に反映されるので、よりしっかり英語能力をアピールできます。

良いスコアであれば選べる職種の幅がかなり広がるので、受けておいて損はありません。

ただしあまり良いスコアが出なかった場合は申告すると逆効果なので、受けていないことにしておきましょう。

マイクロソフトオフィススペシャリストは、パソコンの基本的な資格です。

現代ではどの職種でも、パソコンが使えて当たり前と言ってもいいくらいに仕事でパソコンを使用します。

仕事でよく使われるのが、ワードやエクセルをはじめとしたマイクロソフトのオフィスです。

マイクロソフトオフィススペシャリストは、このマイクロソフトオフィスの知識と使いこなす技術があることを証明する資格です。

マイクロソフトオフィススペシャリストを取得していると、パソコンのスキルがあることをアピールできるので、就職にとても有利です。