×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


内定が出なかった場合の選択

もしどんなに頑張っても卒業までに内定が出なかったら、どうすればいいのでしょうか。

内定が出なかった場合は、以下のような選択肢があります。

・卒業して就職活動を続ける

・就職留年

・進学する

内定が出ないと将来が心配になりますが、早々に諦めるのはよくありません。

内定が出なくてもとりあえず大学を卒業して、ハローワークなどで求人を探して就職活動を続けることができます。

就職活動中は、大変ですがアルバイトなどをして何とか生活できるはずです。

就職留年という選択肢もありますが、実際に就職留年をした人に言わせるとあまりすすめられる方法ではないようです。

就職を諦めたくないからということでて留年すると、世間や企業から考え方が甘いと見られてしまうのです。

就職留年は多くとられる選択肢の1つですが、実際にはあまりいい選択とは言えないのです。

いったん就職活動から身を引き、大学を卒業した後に大学院や専門学校に進学するという方法もあります。

進学すれば、就職に有利な資格や免許を取得することができます。

お金や時間がかかってしまいますが、スキルアップできるいい選択だと言えます。