×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


就職活動中の身だしなみ

人間というのは、第一印象でその人への評価の多くを決めてしまいがちです。

就職活動を行う際には身だしなみが重要になるので、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

・リクルートスーツ

・装飾品

・髪型

リクルートスーツの色は、黒か紺が望ましいとされています。

女性であれば、チャコールグレーでもいいでしょう。

上着は1着用意すれば大丈夫ですが、パンツはできれば2着あると便利です。

パンツは歩くたびこすれてどうしても裾の部分が劣化していくので、替えがあることで長持ちさせやすくなります。

女性の場合は、パンツよりもスカートの方がフレッシュな感じがするのでおすすめです。

ちょうど膝上くらいの、短すぎず長すぎないスカートを選びましょう。

装飾品として時計は必要なものですが、カジュアルなものはできるだけ避けましょう。

革ベルトまたは、シルバーのものがおすすめです。

安すぎず、高価すぎない一般的なデザインのものが好印象を与えられます。

アクセサリーは結婚指輪でない限り受けが悪いので、外しておきましょう。

女性にはマニキュアをしている人が多いですが、面接の時などには必要ありません。

もしマニキュアをするのであれば、色味があるものではなく、透明な目立たないものにしておきましょう。

学生のうちは髪の毛を茶色く染めている人がほとんどでしょうが、就職活動中は黒に戻しておいてください。

男性は、できるだけ短髪で清潔感がある髪型がベターです。

女性は、髪の毛が長ければ輪ゴムなどで1つにまとめ、短ければお辞儀をした時に髪が顔にかからないようにピンなどで留めておきます。

前髪は表情がちゃんと見えるよう、男性も女性も眉くらいまでの長さにしておくといいでしょう。